LaTeX
初等数学プリント作成マクロ
emath
--- 図・グラフも ---

初等数学(高等学校,中学校,小学校で取り扱う数学)
のプリントを LaTeX で作成する際に便利なマクロ集です。

http://emath.s40.xrea.com/
の機能限定ミラーサイトです。

--------------------------------------------------
丸ごとパック  修正パック  実験版  掲示板(Read Only)
--------------------------------------------------

Japanese version only.

Google
WWW を検索 emath.s348.xrea.com を検索

使用例です。

上図は png 画像ですから、品質がいまひとつです。
PDF ファイルで倍率を上げて
グラフ部分(EPS)の品質をご確認いただけると幸いです。

上の例における emath パッケージの特徴を幾つか述べてみます。

1. 図の周りにテキストを流し込むには,
 wrapfig.sty で定義されている wrapfigure環境が標準的ですが、
 enumerate環境下では使えない、という制約があります。
 emathパッケージでは、
   emathMw.sty で mawarikomi環境を定義して
 その制約を外しています。


2. 関数のグラフを描画するのに
 picture環境を拡張した zahyou環境を定義し
   \YGurafu*{1-2*X-X*X}
 というコマンドで、perl を呼び出すことで、
 上図の放物線を描画しています。

 利用している \specials は,
    emathPh.sty では,tpic-specials
    emathPs.sty では,PostScript で記述した EPS を作り、それを読み込みます。

3. enumerate 環境を修飾する方法をいくつか用意していますが,
 上の例では
  (a) 2行目以下を左に突き出す
  (b) 行間を狭くする
 などを実行しています。